西岡の「最後はロッテ」発言を聞いてファンはどう感じたのか?調査してみた

2018年に阪神から戦力外となり現在ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーする西岡剛。
戦力外になった時、「最後はロッテのユニフォームで終わりたい」とロッテにオファーを熱望した。
しかし、ロッテは早々とはっきりと取らないことを名言。

ではロッテファンはこの西岡のアピールをどう思ったのか?みんなの意見を聞いてみた。

西岡の「最後はロッテ発言」どう思った?


  • 戻ってきてほしい
  • 戻ってきてほしくない

西岡の最後はロッテで発言を聞いて戻ってきてほしいと思ったファンは約3割

「もう一度西岡が見たい」というロッテ時代からのファンは戻ってきてほしいですよね。

そして「戻ってきてほしくない」が約7割………

ポジションがない、素行がよくないという意見もあったけど一番多かったのはメジャーから帰ってきてロッテの誘いを断って阪神に行ったのに何を今更という厳しい越え………

あそこで戻ってたら西岡の人生全然違ったと思う…

戻ってきてほしい

名前とまとマンロッテファン歴15年

いい選手なんでファンとしてはロッテでもう一花咲かせてほしかった。

名前ロッテファン歴10年

骨折や阪神入団後の福留選手とのの交錯による骨折、それにアキレス腱断裂など
西岡選手がパフォーマンスを落とす原因となった故障は不運なものが多いように感じます。
故障に対して、自業自得であるなどとは思いません。

もう一度ロッテでやり直したいという気持ちが強かったのだと思います。
私は戻ってきてほしかったです

名前からあげロッテファン歴15年

大ファンだったので、今後の活躍がどうであれ戻ってきて欲しかったです。

名前とろロッテファン歴15年

最後は戻ってほしかった。
球団は受け入れてほしいと思いました。
広島の新井選手がいい例だと思います。
あれだけブーイングされて出ていったのに戻るとなれば球団も受け入れ体制+ファンからも誰よりも愛された。

名前ぷーロッテファン歴8年

戻ってきてほしかったです。
今は独立リーグで頑張っていますから、西岡剛選手個人としては応援しています。

名前shou1992ロッテファン歴15年

個人的には西岡剛は好きな選手であったので、戻ってきてロッテで終えて欲しい気持ちがありました。

全盛期西岡知ってたらね。スイッチヒッターのシーズン最多安打の記録を打ち立てたりやっぱりいい選手だったもんなぁ。

戻ってきてほしくない

名前藤原ロッテファン歴50年

素行がいい選手じゃないので若手への影響を考えたらロッテの判断は正しいと思う

名前カトパン子ロッテファン歴38年

ツインズから自由契約になった時、ロッテは動きました。
しかし西岡は金に目がくらんで阪神へ。故に帰ってくる必要なし。

名前クレロッテファン歴40年

冗談では無いと思いました。
メジャーから戻って来たときにロッテに戻るべきで阪神は無いだろうと思いました。
その時点で人として違うと思いました。
そういう方は戻ってきても問題を起こしそうな感じがします。

名前めっしロッテファン歴11年

ロッテ時代にリードオフマンとして活躍し、公私ともにチームの先頭に立って頑張ってくれた西岡選手のメジャー挑戦は実績を考えると当然その権利は与えられるべきだったと思いますし、全力でチャレンジした結果メジャーでの活躍は果たせなかったというのも仕方ないでしょう。

ただ日本に帰ってくる段階でロッテ復帰という選択肢があり、実際にオファー報道があったにも関わらず阪神入団という選択をしました。
選手として好条件を優先するのは構いませんがここでロッテとの縁は一旦切れたと、部外者の私は思っています。

だから西岡選手が「ロッテに戻りたい」という発言をすること自体は自由なことだと思いますし、決して嫌なことだとは思いません。

ただ特に現状の西岡選手は戦力として必要なく、縁も切れているので獲得に至らなかった。
シンプルなことだと思っています。

名前ブランロッテファン歴22年

記者土下座させたり、不倫したり、後輩いじめたりした選手はいらない。
すんなりロッテに帰ってればよかったのにね。

名前コマルロッテファン歴25年

本当に西岡らしい発言ですよね。
よく言えると思いました。

やっぱプライベートのスキャンダルもそうだけどメジャー行ってから悪い意味で「西岡らしさ」が出てたもんな。まあこういう意見が多いのもしょうがない………

西岡の「最後はロッテ発言」に至るまで

サトウデスク

西岡選手の阪神入団を今でも根に持っているファンが多い!そこで「最後はロッテ」発言までの経緯をおさらい。
第一章
ロッテからメジャー挑戦するが
2010年、ポスティング制度でメジャーへ。
キャプテンとしてチームを引っ張り、CS下剋上での貢献、MVP騒動などでの尽力を知っているファンは寂しいながらも功労者のメジャー挑戦を応援した。
しかし、ケガに悩まされミネソタ・ツインズ をわずか2シーズンで自由契約となる。
第二章
ロッテに戻ると思っていたが
自由契約となった西岡にロッテはラブコール。西岡をスカウトした編成トップの松本尚樹氏もコンタクトをとって入団を熱望。
メジャーに旅立つ前の最後のあいさつで「またこの(ロッテ)ユニフォームを着る時がくれば」と行っており、ファンも西岡の復帰を大いに期待した。
しかし、西岡はロッテではなく2年総額6億円(年俸2億円+出来高)で阪神に入団することが発表。
ロッテファンは肩を落とした。
第三章
阪神でも怪我に悩まされる
チームの原動力となる働きを期待して入団した西岡だったが、度重なる故障に加え2016年のアキレス腱断裂で最大の武器である盗塁はもちろん出場機会も激減。
2年目以降は出場した試合が、シーズン半分の試合にも満たなかった。
そして2018年、阪神から戦力外通告を受ける。
第四章
「最後はロッテで」
阪神退団後、メディアを通じ「最後はロッテで引退したい」と古巣にアピール。
しかし、ロッテがこれを受けすぐに「獲得しない」ことを明言。
また戦力外通告を受けた際のInstagramには「甲子園のグラウンドで倒れて引退すると心に誓った」という食い違った内容の投稿があったり、ロッテからオファーがあったにもかかわらず阪神入団した経緯などもあり、ロッテファンからも入団を切望する声は少なかった。
結局、西岡はトライアウトを受けるも声はかからず、独立リーグでNPBへの再起を目指すことになった。

コメントを残す