甲子園の球数制限を設けるべき?高校野球ファンの意見を調査

論争がよく巻き起こる甲子園での球数制限。
2019年の岩手大会でも大船渡がエースの佐々木の負担を考慮し登板させずに敗退したことで世間でも大きな物議を呼んだ。

「故障の危険があるため球数制限は設けるべき」といった肯定派もいれば、「全員プロになるわけではないから球数制限は設けず悔いのない野球をしてほしい」という否定派いる。
どちらの理由もよくわかる。

では甲子園ファンはこの球数制限をどう思っているのかアンケートを調査を実施してみた。

甲子園に球数制限は必要か?


  • 球数制限は必要
  • 球数制限は不要

球数制限は必要と考える人が3分の2以上。
プロ野球選手になってからの故障というよりは高校球児の体を気遣ってという意見が多かった。
反対派は、強豪校との差が広がってしまうという懸念や球数制限よりも過密日程をなんとかしたほうがいいという意見が目立ちました。

球数制限は必要
名前ERISAファン歴26年

故障させてまで、又は大事な身体をかけてまで投げさせるのは残酷だと思う。
将来がある選手を守るためにはルールを設けるべき。

名前おこめファン歴16年

球数制限は”設けるべき!
そもそも過密日程に問題があるが、選手の疲労を考えると必要。今後も希望のある選手たちに無理をして欲しくないです。

名前ちかちかファン歴22年

つい最近、プロ注目投手が連投の観点から登板せずに所属する高校が負けてしまった。
古くからの風潮で苦難(高校野球で言えば故障しても)を乗りきって目標を達成するのが美学とされ、マスコミもその様に煽っている。
このような下らない美談・美徳に浸るような人間が多いから部活動問題(体罰なり、選手を故障から守るなり、日程面なり等)の対策は進まないんだと思う。
それを崩す意味でも今後は球数制限は必要だと思う。

名前ぱんだファン歴37年

どちらかというと、設けるべきと考えます。
やはり過密日程からくる投手の肉体的負担があまりにも大きすぎると考えます。
高校時の無理がたたったせいでその後の大学、社会人、プロにおいて影響が出てしまい活躍できなかった選手も過去に多く存在しました。

最近話題になった、大船渡高の佐々木朗希投手が地方大会決勝戦で登板回避したことでチームや監督さんに非難の声もあるようですが、私は監督さんの英断であると思います。
もちろん佐々木選手ご本人は投げたい気持ちはあったでしょうし、それ自体は尊重されるべきですが、将来に向けて無理はさせるべきではないという監督さんの気持ちを汲むべきだと思います。

名前ボールガールファン歴16年

子供の将来を考えると球数制限は必要だと思う。
地方の部員数が少ないチームのピッチャーはどうしても無理しないと勝ち進んで行けないので、ルール上でハンデ的な事も加味して投手の精神的負担も減らせればいいと思う。

名前ゴリゴリゴリラファン歴38年

斎藤田中の決勝戦、松坂のノーヒットノーランなど球数制限が無いことでいろんなドラマがあった。
しかしそのドラマはあくまで視聴者としての楽しみだ。カタルシスよりも、投手の体のことを考えてあげるのが大人の努め。
ここは心を鬼にして球数制限を設けるべき。

球数制限は不要
名前りんちゃんファン歴13年

設けなくても良いと思います。
高校野球での投げすぎが海外でもよく取り上げられていますが、その一人の投手で地方大会を投げきってきて甲子園にのぞむ高校も多いです。
そのエースに頼るしかないというチーム状況もあると思うし、絶対的なエースという存在を見続けたいファン心理もあります。
ですが投げすぎにより肩や肘を壊す高校生投手も多いのも事実なので、その子の将来を考えるととても難しい問題です。

名前ゆいくんパパファン歴18年

設けるべきではない。理由としてはそこも含めてチームとしての戦術であるのでそれに制限をかけてしまうと三年間の頑張りが無駄になると思う。

名前カンタファン歴21年

甲子園に球数制限は設けるべきではないと思います。
球数制限を設けることでより層の厚い強豪校と層の薄い弱小校との差が顕著になってしまうからです。
そうなると今以上に甲子園は強豪校だけのものになってしまいます。

名前ジンケファン歴19年

これこそ監督、高校の判断に任せるべき。
昔から思っていましたが、プロを視野に入れた育成をする高校がひとつぐらいあっても良い。
連投をさせず球数制限をしっかり設けて、功績ではなく選手を第一に考える高校があれば、将来をプロを目指す選手からもプロからも注目されるはず。
甲子園は、青春をぶつけ燃え尽きてもいい覚悟がある高校球児のものであってほしい。

名前マサトーンファン歴4年

球数制限は設けなくて良いと思います。
強豪校と地方の公立では選手層が違うので、ファールで粘ったりする戦術が横行するような気がします。イニング数を減らすか、日程を考えるのが先だと思います。

名前まこファン歴15年

球数制限は設けるべきではない。理由は高いレベルの投手を複数用意するのが難しいからです。
強豪高と言われているところでも複数の好投手はなかなか揃いません。優秀な投手一人でかつ抜いていくのも甲子園大会の魅力でもあります。
制限を設けるなら別の大会となってしまうでしょう。球数制限よりも日程の調整のほうがより現実的であると考えます。

甲子園の球数制限に賛成派の野球選手

筒香嘉智選手・少年野球や高校野球のトーナメント制に警鐘(2019年1月25日)

プロ野球選手の中にも球数制限を設けるべきだという野球選手は多い。
横浜DeNAの筒香もその一人だ。筒香は子どもたちの将来を考えたら球数制限は設けるべきだと述べている。

またシカゴ・カブスのダルビッシュ有も球数制限は必要であると過去にツイッターを通じて発信している。

一度は新潟高野連が球数制限の導入を検討していたものの、日本高野連からの許可が降りず白紙に戻ってしまった。
日本高野連によると全国の足並みが揃えばということなので、今後球数制限に賛同する意見が増えれば、いつの日か甲子園に球数制限が導入されかもしれない。

コメントを残す