巨人野球賭博問題をわかりやすく解説!事件の経緯や処分はこんな感じ

日本ではスポーツを対象にしたギャンブルは(一部を除いて)賭博罪に該当します。

そんな中、2015年から2016年にかけて読売ジャイアンツの選手によって行われた野球賭博。
連日連夜報道されるほどの社会現象になりました。

今回はこの一部の巨人選手間で行われた野球賭博問題を解説していきたいと思います。

野球賭博事件の発端(2015年秋)

この世間を賑わす事となる野球賭博の発覚はある男が巨人を訪ねたことで発覚します。

福田の野球賭博関与が発覚

日本シリーズに登板する福田

2015年9月30日、「福田聡志に100万円ほどの金を貸しているという元不動産会社社員」が2軍本拠地の読売ジャイアンツ球場を訪ねてきます。

この男を球団職員が対応し話を聞き、「巨人内で行われていた野球賭博」の事実を知ることになるわけです。

そして10月5日、球団は福田が野球賭博に関与していることを発表します。

主犯格は笠原、そして松本竜也の関与が発覚

笠原巨人での登板

NPBは野球賭博に関与している人間を洗い出そう福田に事情聴取をし、笠原から知人を紹介され始めたということがわかります。

そしてこのメール解析から松本竜也元選手も野球賭博に関与していたことが発覚することになります。

3人は2014年4月~5月(10~20試合)を対象に、野球賭博を行っており、笠原に関しては高校野球などでも賭博行為を行っていたことがわかります。

NPBは3人を無期限追放に

巨人3選手は無期失格 球団にも制裁金 野球賭博問題
三選手に処分が下る

当初3人は口裏を合わせ「現金を賭けの対象にはしておらず食事を賭けていた」といったことを発言。
メールの復元によって金銭のやり取りがあったことがわかると「冗談で言ってるだけ」と責任を逃れようとしました。

しかし、そのかいもなく11月10日に巨人は三選手を契約解除、NPBは無期限失格処分となりました。

また巨人にも制裁金1000万が科せられ、球団会長、社長は役員報酬50%を無期限返上。
オーナー、特別顧問(ナベツネ)は2ヶ月、役員報酬全額返上することになります。

高木京介の関与(2016年秋)

野球賭博のほとぼりが冷めかけたころ高木京介の野球賭博関与が発覚!!!

高木京介も野球賭博に関与

2016年 3月9日 野球賭博 読売巨人 高木京介 謝罪会見 (動画版)
高木京介謝罪会見

福田、笠原、松本の野球賭博への関与が発覚した5ヶ月後。
高木京介も野球賭博に関与していたという事実があったことを巨人が発表。

高木は2014年4月ごろ笠原から誘われ8~9試合ほど野球賭博に参加。
しかし、50万円ほど負けてしまったため、そこからは誘いを断っていた調査でわかりました。

また高木の野球賭博関与が発覚したことで、球団は500万円の制裁金を支払い、渡辺恒雄特別顧問をはじめ、オーナー、会長が引責辞任となりました。

高木京介に処分が下る

高木京投手は1年間失格 コミッショナーが裁定
コミッショナーが会見

前の三選手は、「契約解除」「無期限失格処分」と重い処分であったにも関わらず、高木の処分は一年間の謹慎という軽いものでした。
理由については、「賭博に参加した回数が少ない」「他選手を勧誘していなかった」「賭博をしてた期間の短さ」を考慮してと説明しました。

しかし高木は事件発覚後、「名前を貸しただけ」と嘘をつき否定し続けていたこともあり、世間からは公平ではないという強い批判がの声があがりました。

賭博発覚で公になった金銭のやり取り

野球賭博発覚で、他球団の選手にも調査やヒヤリングが行われました。
これによりプロ野球界で行われていた金銭のやり取りが露呈することに。

巨人は、試合ごとに現金を集め、その日の試合に勝てば円陣の声出しが総取りするというやりとりが行われていたことが発覚。
その他の球団では阪神、西武、ソフトバンク、広島、ロッテ、楽天、中日、DeNAでも金銭のやり取りがあったことがわかります。

ただ、中日は守備練習でミスをした選手から罰金を徴収し児童養護施設に寄付をしていたのでちょっと毛色は違いました。

マメ知識
また選手以外でも球団職員でも金銭のやり取りなどが多数発覚。
賭博を行っていた職員の数も数十人にのぼりました。

賭博を行った選手たちその後

野球賭博で処分を受けた四選手。その後はどうなっていくかと言うと…

高木京介

禊 高木京介 支配下登録の記者会見 18.03.23
支配下登録の会見

高木涼介は2016年3月から1年間の失格処分を受け、刑事処分で20万円の罰金が命じられます。
1年の失格処分を終えた高木は巨人と育成契約を結び、イースタンで一軍への出場機会を受けがいますがブランクもあり、2017年10月末に自由契約を提示され再度育成契約を結びます。

翌年、一軍キャンプに合流するとオープン戦に出場。
オープン戦4試合を投げ防御率1.80。この活躍が認められ支配下登録となりました。

そして2018年3月30日に901日ぶりとなる1軍のマウンドに立ちます。

笠原将生

【新事実】笠原将生が例の事件を語る!!
賭博事件について語る

野球賭博を他の選手に蔓延させた笠原には罰金刑ではなく、懲役1年2カ月、執行猶予4年の有罪判決を下ります。

その後、愛甲猛が主催するイベントに登場したり、飲食店などを経営しますが、2019年3月からYouTuberとして活動。

11月には登録者数が10万人を超える人気チャンネルに。また当時の野球賭博についても語っています。

福田聡志・松本竜也

福田、松本も東京地方裁判所から高木同様に罰金刑の判決が下り、福田は30万円、松本は50万円の支払いが命じられます。

その後の2人は、表舞台には戻ることは無く消息は不明。

「巨人野球賭博問題」推薦図書

巨人軍「闇」の深層

巨人軍「闇」の深層著者 西﨑 伸彦

巨人が巻き起こしたスキャンダルにメスを入れた新書「巨人軍「闇」の深層」。
今回の野球賭博以外にも原辰徳監督1億円恐喝事件や清原逮捕などにも切り込んでいますが、文言春秋記者の西﨑氏の取材力が光る名著です。

題材が題材だけに下世話になりがちですが、確かな根拠と証拠でその辺のゴシップ誌とは説得力が段違い。

アンチ巨人だけでなく、巨人ファンが読んでもがっかりしない内容。
憶測で否定や批判するのではなく、「事実」に焦点をおいているので読み応えはめちゃくちゃあります。

Amazon

コメントを残す