2019年ゴールデングラブ賞を「守備指標重視」で選び直してみた

毎年巻き起こるゴールデングラブ賞に対する賛否両論。
明らかなイメージ選考、守備の賞にも関わらず打撃成績重視などなど。
ということで純粋な守備指標【UZR】だけでゴールデングラブ賞を決めたらどうなるのか?
ガチの守備特化ゴールデングラブ賞を決めてみました!
※投手は除外しています。

2019年ゴールデングラブ受賞者のUZR

セリーグパリーグ
梅野隆太郎6.2甲斐拓也3.0
ロペス0.3内川聖一18.6
菊池涼介5.0浅村栄斗1.6
坂本勇人-3.0源田壮亮22.4
丸佳浩8.6秋山翔吾-3.8
鈴木誠也9.3荻野貴司-2.9
大島洋平-11.4西川遥輝-5.9

ではまず今年のゴールデングラブ賞受賞者のUZRです。

UZRとは
同じ守備機会を平均的な選手が守った場合と比べてどれくらい失点を防いだかという守備指標。
ゾーンごとに飛んできた打球の種類、速度からアウトが記録された数を割り出し、個々の選手の守備を評価します。
プラス1だった場合、1失点防いだということになります。

源田や内川など非常に優秀なUZRを誇る選手もいる中、マイナスの選手もちらほら。
特にパリーグの外野のゴールデングラブ受賞者は全員がすべてUZRマイナス、、、

ということで各ポジションごとのUZRを始めた守備指標を徹底比較し、「UZR重視の勝手にゴールデングラブ」をやっていきたいと思います。
選考基準は以下の通り!

  • 選出選手は350イニング以上出場した、GGの選考基準(各ポジションで72試合以上出場)に達した選手
  • 守備指標はUZRを重視する。

各ボジション別!UZR比較

サトウデスク

では早速各ポジション別でUZRを紹介!背景がの選手はパリーグ、の選手はセリーグでUZRが最も優秀な選手!

捕手

選手UZRDPRcatcherErrR試合
梅野隆太郎6.214.31129
若月健矢3.8-0.23.80.2138
甲斐拓也30.81.80.5136
中村悠平2.3-0.51.80.9126
小林誠司1.7-0.11.9-0.192
田村龍弘1.5-0.32.5-0.7100
清水優心1.400.90.595
會澤翼1.3-0.21.10.3123
D伊藤光-0.10-0.50.584
加藤匠馬-0.5-0.2-0.90.592
西森友哉-2.5-0.2-3.41.1128
選手は2019年GG受賞者

サトウデスク

UZRの指標で見ていくとセリーグは阪神梅野、そしてパリーグはGG受賞者の甲斐よりも若月のほうが優秀でした!

パリーグ

パリーグのゴールデングラブはソフトバンクの甲斐でしたが、UZRは若月のほうが数字は優秀。

DPR(併殺貢献)、ErrR(失策防止)は甲斐のほうが高くなっているものの、
捕逸と盗塁阻止率から算出される捕手独自の指標「Catcher」は若月のほうが上。

「甲斐キャノン」のイメージが強いですが、実は2019年は盗塁阻止率は甲斐が.342、若月が.371と若月のほうが高かったりします。

セリーグ

ヤクルト中村悠平のUZRより2以上高く、セリーグのゴールデングラブは梅野で文句なしという感じ。

他の指標に関しても同様ですべてにおいてセパ合わせても梅野が突出していました。
盗塁阻止率は小林が.419となっていますが、梅野はそれについで370とセリーグ2位!

一塁手

選手UZRDPRRngRErrR試合
内川聖一18.61.413.33.9130
銀次4.31.5-0.73.4134
村上宗隆4.20.14.3-0.2124
ビシエド3.9-1.87.5-1.8142
Dロペス0.30.20.10142
マルテ0.1-1.10.11.1103
鈴木大地-0.8-0.2-1.20.789
バティスタ-4.20-4.1-0.196
中田翔-4.51.4-5.7-0.2100
西山川穂高-6.31-5.6-1.7142
岡本和真-9-0.2-10.92.2116
選手は2019年GG受賞者

サトウデスク

まずゴールデングラブ受賞の内川に関しては別格。ファーストでは圧倒できな数字

パリーグ

内川はUZRが突出しているのはもちろん、守備範囲(RngR)もダントツ、そして今シーズンは失策0。
銀次も優秀な成績を収めていますが、パリーグには内川がいるため、ちょっと見劣りしてしまいます。

セリーグ

セリーグのゴールデングラブを受賞者であり、守備に定評があるロペスですが、今年に関しては村上、ビシエドのほうがUZRはかなりいい。
村上は失策10を取り立たされることが多いですが、指標的には優秀。

新人王に選ばれたものの、例年のイメージが先行しがちなゴールデングラブはルーキーには狭き門ですね。

ちなみにバティスタよりも…
「バティスタに一票入れた記者は何なんだ」という意見がありましたが、指標で見ると59票獲得している岡本のほうが指標としては圧倒的に悪かったりします。

二塁手

選手UZRDPRRngRErrR試合
阿部寿樹10.73.55.41.9117
中村奨吾9.8-2.411.50.7140
西外崎修汰9.12.45.90.8142
菊池涼介532.4-0.4138
D柴田竜拓2.10.40.61.189
浅村栄斗1.6-1.71.32136
山田哲人0.90.1-0.71.4142
福田周平0.42.6-1.4-0.8132
渡邉諒-5.4-4-2.91.5132
糸原健斗-61.3-10.12.8124
明石健志-6.1-4-2.50.478
選手は2019年GG受賞者

サトウデスク

GGを受賞したのはセリーグは広島の菊池。パリーグは楽天の浅村。しかし、UZRを見ると中日の阿部、ロッテの中村奨吾。

パリーグ

浅村は、ロッテの中村奨吾、西武の外崎よりも大きく下回るUZRでした。
中村奨吾は、エラー防止率、併殺貢献度は外崎に劣るものの、守備範囲の広さは随一。

セリーグ

菊池はアクロバティックな守備が目立ちますが、今年はUZRは5と前年(9.8)より約50%減となっていました。
阿部は守備範囲、併殺貢献度、失策防止それぞれ平均以上。

三塁手

選手UZRDPRRngRErrR試合
大山悠輔7.4-0.510-2.1130
高橋周平6-12.64.5116
レアード0.8-0.2-1.62.6113
ウィーラー0-0.11.6-1.681
安部友裕-0.11.31.4-2.874
D宮﨑敏郎-1.40.1-5.74.3113
西中村剛也-2.7-0.7-3.31.3124
太田賢吾-4.7-1.3-1.1-2.373
松田宣浩-5-1.7-5.11.8143
選手は2019年GG受賞者

サトウデスク

サードは阪神の大山と中日の高橋周平が頭ひとつ抜けています。問題なのはGG受賞者の松田のUZR…

パリーグ

ゴールデングラブを受賞した松田は、サードの選考基準に達した選手の中でもっとも指標が悪い。
日ハムの平沼のUZRは1.2なんですが、選考基準に達していない…

ということで、今年ロッテに移籍したレアードがパリーグのトップに躍り出るという結果に。

セリーグ

守備範囲は広いもののエラーが多い大山と守備範囲は狭いが堅実な守備の高橋周平。
ただUZRを見ると、ゴールデングラブに選ばれた高橋周平よりも大山のほうが優秀でした。

遊撃手

選手UZRDPRRngRErrR試合
西源田壮亮22.43.314.34.8133
京田陽太17.55.29.82.5139
中島卓也15.93.57.64.8120
D大和4.4-0.21.73135
田中広輔1.40.12.4-1.196
茂木栄五郎0.1-1.22.5-1.2122
大城滉二-0.70.10.5-1.489
坂本勇人-3-1.5-3.31.8141
今宮健太-6.3-3.8-5.42.9104
藤岡裕大-7.3-3.3-3.5-0.581
木浪聖也-10.42-7.8-4.698
選手は2019年GG受賞者

サトウデスク

パリーグでGGに選ばれた西武源田は変わらずぶっちぎりです。しかし、セリーグで選ばれた巨人坂本はUZRマイナス、、、

パリーグ

まずパリーグ、これはもう文句無し。
すべての指標において他のショートをぶっちぎり、UZRに関しては全選手でトップです。
源田はだれがどう見てもゴールデングラブ賞に値しますね。

セリーグ

セリーグのゴールデングラブ受賞者の巨人坂本は、申し分ない打撃成績を収めましたが、ErrR(失策防止)以外のすべての数字がマイナス。
中日京田はすべての指標が坂本よりも上、UZR17.5は源田に次いでの2位という素晴らしい成績です。

京田本人もGG受賞漏れの感想を聞かれ「打てば良いんでしょ」言ってましたが、どうしてもセリーグに関しては打撃指標が重視された感が否めません。

外野手

選手UZRARMRngRErrR試合
西金子侑司19.81.717.40.7132
D神里和毅10.929.1-0.2115
平田良介10.66.63.80.394
辰己涼介9.7-0.39.60.5121
鈴木誠也9.32.76.20.4139
島内宏明9.2-2.510.90.7130
丸佳浩8.61.960.7141
亀井善行8.31.66.50.3126
大田泰示6.2-3.79.50.4130
陽岱鋼5.1-1.160.293
上林誠知2.4-2.24.40.295
吉田正尚2.13.6-1.90.498
近本光司1.28.8-6.7-0.9141
グラシアル0.43-2.90.399
角中勝也-0.3-1.81.10.5101
近藤健介-1.3-0.7-10.386
西川龍馬-2.10.6-2.70127
釜元豪-2.2-2.3-0.10.278
ブラッシュ-2.5-0.2-2.40.147
青木宣親-33-5.8-0.2128
荻野貴司-3.62.7-70.6125
西秋山翔吾-3.8-1.8-1.90143
清田育宏-4.30.2-4.60.180
ゲレーロ-4.4-4-0.70.389
糸井嘉男-4.80-5.10.296
西川遥輝-5.9-8.52.70142
野間峻祥-6.9-2.1-5.10.4109
西木村文紀-7.96.8-150.3128
雄平-8.1-4.2-3.5-0.4118
福留孝介-9.10.7-10.10.398
大島洋平-11.4-1.9-10.20.7143
バレンティン-12.4-4.7-7.4-0.4104
D筒香嘉智-14.61.2-14.7-1.1101
Dソト-15.1-5.7-8.8-0.698
選手は2019年GG受賞者

サトウデスク

UZRで見ると外野は様変わり!GG受賞者でUZR上位に食い込むのは広島鈴木誠也のみという結果に!

パリーグ

パリーグは、ゴールデングラブを受賞した選手すべてUZRマイナス。
そのためUZR重視で見ると全く違う選手が選ばれることに。

もっともUZRが優秀なのが西武の金子。
秋山も受賞コメントで「金子に助けられた」といってましたが、UZRでは源田に次いで全選手で2位となっています。

セリーグ

鈴木誠也はセリーグのUZR上位3人に入るものの、丸は惜しくも4位。
大島に関しては下から数えたほうが早いという結果でした、、、

鈴木誠也よりもUZRが優秀なのは、DeNA神里と中日平田。
平田はARMS(送球貢献度)が、神里はRngR(守備範囲)が素晴らしい数字でした。

UZR重視するとベストナインはこうなる

サトウデスク

実際UZRに最も重きをおいてゴールデングラブを決めるとこうなります!
セリーグ


捕手 梅野隆太郎
UZR 6.2



一塁手 内川聖一
UZR 18.6



二塁手 阿部寿樹
UZR 10.7



三塁手 大山悠輔
UZR 10.7



遊撃手 京田陽太
UZR 17.5



外野手 神里和毅
UZR 10.9



外野手 平田良介
UZR 10.6



外野手 平田良介
UZR 9.3


パリーグ


捕手 若月健矢
UZR 3.8



一塁手 村上宗隆
UZR 4.2



二塁手 中村奨吾
UZR 9.8



三塁手 レアード
UZR 0.8



遊撃手 源田壮亮
UZR 22.4



外野手 金子侑司
UZR 19.8



外野手 辰己涼介
UZR 9.7



外野手 島内宏明
UZR 9.2


コメントを残す